情報技術・情報セキュリティ技術の応用に関するプロフェッショナルサービスをご提供!

貴社のビジネスに、貴社の製品開発に、新たな視点を提案、新機軸の創出をご支援致します。

貴社のシンクタンクとしてご活用ください!

5月24日、「暗号と社会のかかわり史」というタイトルで講演を、日比谷高校卒業の有志で企画・開催されている文化フォーラムにて実施しました。

2024.05.27

暗号とはどういうものかの平易な説明と、
暗号技術を発展させた時代時代の社会状況、
暗号技術が社会に与えた影響等、
暗号と社会のかかわりについてエピソード/身近な応用事例中心の説明でした。

具体的な内容は以下の通りです。
[1]古代暗号 暗号の歴史の始まり
  (1)スキュタレー暗号(紀元前600年頃、ギリシャ)
  (2)シーザー暗号(紀元前100年ごろ、ローマ)
[2]古典暗号 外交活動の活発化による暗号の普及
  (1)ノーメンクラタ暗号(15世紀から18世紀、スコットランド)
  (2)上杉暗号(16世紀頃、日本)
[3]近代暗号 暗号の作成・解読は手作業から機械へ
  (1)エニグマ暗号(第二次世界大戦、ドイツ)
  (2)ミッドウェー暗号(第二次世界大戦、日本)
[4]現代暗号 暗号方式の暗号アルゴリズムと暗号鍵への分離
  (1)近代暗号から現代暗号へ
  (2)現代暗号の二つの暗号方式
[5]現代暗号(共通鍵暗号方式) 
  (1)主要な共通鍵暗号方式
  (2)日本社会に大きなインパクトを与えた応用
  (3)暗号利用に対する規制・制度化の動き
  (4)第1世代共通鍵暗号の終焉・・・第2世代へ
[6]現代暗号(公開鍵暗号方式) 
  (1)主要な公開鍵暗号方式
  (2)日本社会に大きなインパクトを与えた応用
[7]新たな課題と対応動向(主要なトピック紹介)
  (1)IoTデバイスの急速な活用・普及
  (2)量子コンピュータ

関連資料:プレゼン資料



2024.01.28  1月25日、2024年暗号と情報セキュリティシンポジウム(SCIS2024)にて、「安心・安全な学修歴利活用基盤(SSARUF)の考察」を発表
2024.01.01  新年のご挨拶
2023.10.31  コンピュータセキュリティシンポジウム2023(CSS2023)にて、「メタバースにおける利用者の匿名性と特定・追跡性の両立方式の提案およびその安心・安全な社会維持効果に関する考察」を発表
2023.08.31  S/MIME推進協議会キックオフセミナーのパネルディスカッションに参加し、スライド「電子メールセキュリティ対策としてのS/MIMEおよびSSMAX」によるプレゼン実施および討議実施
2023.08.05  2023年7月開催のDICOMO2023にて、論文「メタバース利用者の匿名性と特定・追跡性の両立に関する考察-安心・安全なメタバースを目指して-」を投稿
2023.06.03  6月1日、2023年度 第1回光輝会ジョイントフォーラムにて、「暗号資産業界の健全な発展のためにー利用者の匿名性と特定・追跡性の両立ー」を発表
2023.01.25  1月24日、2023年 暗号と情報セキュリティシンポジウム(SCIS2023)にて、「ブロックチェーンサービス基盤に関する考察」の発表を実施
2023.01.02  謹賀新年
2022.10.30  10月27日、コンピュータセキュリティシンポジウム2022(CSS2022)にて、「安心・安全な暗号資産取引基盤の提案ーSSVATF:Secure and Safe Virtual Asset Transfer Frameworkー」の発表を実施
2022.05.20  情報処理学会・第97回コンピュータセキュリティ研究会(CSEC97)にて、「トラベルルール(FATF勧告16)の現状・課題・考察ー暗号資産業界の健全な発展のためにー」の発表を実施
2022.03.06  情報処理学会・第84回全国大会にて、「自己主権型アイデンティティ情報利活用基盤(SSIUF:Self-Sovereign Identity-information Utilization Framework)― 利用者の匿名性と特定・追跡性の両立 ―」の発表を実施
2022.01.19  電子情報通信学会・暗号と情報セキュリティシンポジウム(SCIS2022)にて、「分散型ID(DID)/検証可能属性証明(VC)技術を利用した自己主権型アイデンティティ情報利活用基盤(SSIUF)に関する考察」の発表を実施
2021.11.30  電子情報通信学会・情報通信システムセキュリティ研究専門委員会(ICSS)にて、「モバイルネットワークサービスの利用者認証に関するセキュリティ ― 5Gの現状およびBeyond5G/6Gに向けた研究動向 ―」の発表を実施
2021.10.28  情報処理学会・コンピュータセキュリティシンポジウム2021にて、「自己主権型アイデンティティ情報利活用基盤に関する考察」の発表を実施
2021.10.26  電子情報通信学会・光輝会特別研究専門委員会にて、「個人のネット活動を効果的に促進する環境 ー自己主権型アイデンティティ情報の利活用環境ー」の講演を実施
2021.10.05  目白大学にて、「暗号技術とブロックチェーンの仕組み」の講義を実施
2021.09.18  2021電子情報通信学会・ソサイエティ大会にて「自己主権型アイデンティティ情報管理システム(uPort、Sovrin)考察」を発表
2021.07.19  情報処理学会のコンピュータセキュリティ研究会(CSEC)にて発表実施
2021.06.30  九州大学大学院にて「暗号資産の課題とその克服のための新たな仕組みに向けて」の講義実施
2021.06.23  九州大学大学院にて「ビットコインシステムにおける資産移転の仕組み」の講義実施
2021.06.16  九州大学大学院にて「自己主権型アイデンティティ情報管理システムの評価・課題」の講義実施
2021.03.13  2021電子情報通信学会・総合大会にて、「自己主権型アイデンティティ情報管理システムに関する一考察」を発表
2021.03.02  電子情報通信学会の情報通信システムセキュリティ研究会(ICSS)にて発表実施 
2021.01.23  2021 Symposium on Cryptography and Information Security (SCIS2021)にて、次の2件の発表を実施
2021.01.01  謹賀新年
2020.10.27  Computer Security Symposium(CSS2020)にて、次の2件の発表を実施
2020.10.06  目白大学にて、「暗号技術とブロックチェーンの仕組み」の講義を実施
2020.09.24  ジャパンセキュリティサミット2020の光輝会Daysにて、「私の技術・研究活動紹介 ー安心・安全なインターネット社会を目指してー」のプレゼンを実施
2020.09.17  電子情報通信学会のソサイエティ大会にて、「暗号資産台帳の匿名性と特定・追跡性についての考察」の発表を実施
2020.05.23  第31回諜報研究会にて「暗号と社会のかかわり史」の講演実施
2020.03.11  SCOPE採択研究報告会にてIoT機器および収集データの真正性確保方式に関し発表実施
2020.03.05  情報処理学会第82回全国大会にて、IoT向けプロトコルMQTTのセキュリティ強化方式に関し、オンラインで発表実施
2020.01.31  SCIS2020にて、DAGベース暗号資産の匿名性に関する発表実施
2020.01.01  謹 賀 新 年
2019.12.20  慶応大学にて「バイオメトリクス認証」の講義実施
2019.11.02  「暗号と社会のかかわり史」の第4稿を掲載
2019.10.22  CSS2019にて、匿名暗号資産の匿名性に関する考察の発表実施
2019.10.21  CSS2019にて、日本の本人確認基盤の必要性とその構成方法に関する発表を実施
2019.10.18  「働き方改革」を支える最先端セキュリティセミナーにて、「持出PCのセキュリティ」に関する講演実施
2019.09.27  ソフトウェア事業協同組合(SBA)のセミナーにて、「ブロックチェーン」に関する講演実施
2019.09.04  FIT2019(第18回情報科学技術フォーラム)にて、IoTに関する発表実施
2019.06.30  九州大学大学院にて「Overview of Blockchain and Bitcoin」の講義実施
2019.05.24  CSEC85(情報処理学会・コンピュータセキュリティ研究会)にて発表実施
2019.05.17  Blockchain Symposiumにて発表実施
2019.03.16  情報処理学会第81回全国大会にて発表実施
2019.03.05  情報通信技術研究会にて「インターネットにおける匿名性と特定・追跡性の両立の重要性」について発表実施
2019.02.26  「真贋の判定こそはモノ層からサービス層まで貫く理念」にて発表実施
2019.01.25  SCIS2019暗号と情報セキュリティシンポジュームにて発表実施
2019.01.11  慶応大学にて「Biometric Authentication」の講義実施。
2019.01.01  新年のご挨拶
2018.11.29  (公財)東京都中小企業振興公社の情報通信分野ミーティングにて講演実施
2018.11.14  MSRソリューションフェア2018にて講演実施
2018.10.04  シンポジューム「日本の研究活性化に向けて」にて発表実施
2018.09.10  シンポジューム(2件)の開催案内
2018.08.22  「暗号と社会のかかわり史」の第3稿を掲載
2018.07.27  夏のセキュリティワークショップ2018 in 札幌(7月25日~26日)にて発表実施
2018.07.05  九州大学大学院にて”Biometric Authentication”の講義実施
2018.06.27  情報通信技術研究会(NESSY)6月度講演会にて発表実施
2018.05.20  第81回コンピュータセキュリティ研究会(CSEC81)にて発表実施
2018.04.29  組込みシステム技術協会(JASA)・IoT技術高度化委員会にて、 以下の2テーマについて講演実施
2018.04.01  「ビッグデータの利活用に関する現状・動向・課題」報告書を発行
2018.03.14  KDDIセミナー「デジタル(AI/IoT/Fintech)時代に考える、防御の重要性」にて発表実施
2018.01.25  SCIS2018暗号と情報セキュリティシンポジュームにて発表実施
2018.01.12  慶応大学にて「Biometric Authentication」の講義実施。
2018.01.01  新年のご挨拶
2017.11.13  情報セキュリティ研究会 (ISEC) にて発表実施
2017.10.24  コンピュータセキュリティシンポジューム(CSS2017)にて発表実施
2017.07.18  「暗号と社会のかかわり史」の第1稿、第2稿を掲載
2017.06.22  九州大学大学院にてFinTech関連の講義実施。
2017.04.03  情報通信技術研究会(NESSY)講演会のお知らせ
2017.02.13  第5回 KDDI総合研究所‐ISITセミナー(福岡)にてパネリストとして登壇
2017.01.27  第5回 KDDI総合研究所‐ISITセミナー(福岡)のご案内
2017.01.01  新年のご挨拶
2016.12.15  情報セキュリティトピックセミナー(ISEF主催)にて講演実施
2016.10.12  コンピュータセキュリティシンポジューム(CSS2016)にて発表実施
2016.09.28  情報通信技術研究会(NESSY)のご案内
2016.09.23  情報通信技術研究会にて講演実施
2016.08.26  組込みシステム技術協会にて講演実施
2016.03.01  組織暗号に関する資料の公開のお知らせ
2016.02.19  最近の学会発表資料を掲載
2016.01.01  新年のご挨拶
2015.09.30  NICT委託研究成果発表会(10月15日)のご案内
2015.01.01  新年のご挨拶
2014.07.26  eBOOKソリューション「Publish Changer」のご紹介
2014.07.22  2014年7月22日 MELT up講演会(7月30日)のご案内
2014.02.03  第3回MELT upフォーラムのご案内
2014.01.01  新年のご挨拶
2013.08.21  MELT up講演会および専門的討論会のご案内
2013.07.31  各種データ消去装置のプレミアム価格キャンペーン中!
2013.03.06  九州大学にて「廃棄・返却PCの情報セキュリティ」について講演実施
2013.01.11  慶應義塾大学にて「バイオメトリクス認証」について講義実施
2013.01.01  あけましておめでとうございます!
2012.12.04  次のニュースレター(2件)を発行・登録
2012.11.10  アドバンスデザイン(株)のデータ復旧・消去・コピーサービス製品のご紹介
2012.07.25  JASA九州支部主催の協業セミナー「モバイルコンピューティン グの新潮流」にて講演実施